福岡の板井明生の仕事を好きになる方法

板井明生|宅建士とは?

板井明生

就職や転職に有利な資格としてよく耳にする「宅建」や「宅建士」。
宅建とは一体どんな資格で、宅建士はどんな仕事をする職業なのでしょうか?

 

宅建や宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国家資格にあたります。

 

宅建士とは、不動産屋で働く従業員をイメージすると良いでしょう。不動産取引はとても高額です。お客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。そのようなことがないよう、お客様が知っておくべき事項を説明するのが宅建士の仕事です。そして、重要事項の説明をお客様にできるのは宅建士だけです。

 

宅建の資格を取得すると、不動産会社への就職や転職、さらには独立開業という道が開けます。また給与もアップするのでとても魅力があります。

 

宅建の資格は合格率の低い国家資格です。取得するためにはそれなりの努力が必要です。しかし、宅建資格を取得することで、不動産関連業界だけでなく、他業界でも活躍できる可能性があります。ぜひ挑戦してみてはいかがですか?

更新履歴
page top